起業家インタビュー/パロニム株式会社 小林道生さんvol.2

インタビュアー 白石(行政書士法人GOAL 広報)
カメラマン 若林(行政書士法人GOAL 資金調達チーム)

起業家インタビュー/パロニム株式会社 小林道生さん【予告】
起業家インタビュー/パロニム株式会社 小林道生さんvol.1

個人投資家Nさんとの出会い。

白石:行政書士法人GOALにご依頼頂いたのはどんなきっかけでしたか?

小林:多分今日の話の答えは、全部「人です」になっちゃうと思うんですけど。
あるご紹介で最初に石下さん(行政書士法人GOAL代表)をご紹介いただいて。
行政書士さんってお会いするの初めてだったんですけど、全然イメージと違った(笑)。

白石:そうですね。ちょっと異色な事務所かもしれません(笑)。

小林:石下さんが「僕が理解してどうこうという話じゃないんだけど、何かのために力を使えるなら、こういう技術を開発している人たちの力になりたい」みたいなことを熱く語ってくださって。僕が逆に熱量を返された。そのあと若林さんとか武田さんもお会いしましたよね。そして後日、とにかく素晴らしいお人柄の個人投資家のNさんという方がいらっしゃるっていうことでつないで頂きました。東京駅近くのラウンジでお会いしたんですけど。

白石:そこもやっぱり「人」だったんですね。

小林:お会いした時にものすごくインパクトがあったのが、1つはNさんが一切紙をめくらないんですね。何となく最後まで多分2~30秒ぐらいでご覧になったあとは、目を見て話を聞いて「ああ、素晴らしいですね。
それはきっと何か商売っていうものだけじゃなくて、色々なものが変わってくるでしょうね」みたいなことを大局観からご意見をいただいて。
もともとは個人投資家さん、VCさん、あとアライアンスっていう三つに分けて、約1億2000万ぐらいを、ある程度切ることを想定していたのですが、この枠の中で、何かお力添えをいただけることがあればっていう話をしたところ「もし差し支えなければ、この枠を全部一人で私がやらせていただいても大丈夫ですか」と。

「私は一切口を出さないし、技術というのは時間をある程度お金で買ったほうが良い部分もあるのでどんどん相談してください」と。

本当の個人投資家の方って、多分資料とかよりも相手がどういうエネルギーで話すのかとか、そこを見てるんだと。そういう方っているんだなっていうのがとにかく衝撃だったんです。

本当のエンジェルに出会える確率は万に一も無い。

小林:さっきお話した開発会社さんに、当時僕らがなけなしの1000万ないし2000万位をつぎ込んで開発してもらってはいましたが、あくまでもそれはモックレベルです。

本当のサービスにしていくためには最低でも2億近くかかる。
Nさんと出会ったころ、まさに次の発注を入れるか、入れないかその瀬戸際でした。
でも、入れないと向こうのラインは解散してしまうし、2~3カ月後にまたラインを押さえてくれって言われても多分難しいんです。

そんな中で弊社取締役の西田が「これ君、とりあえず3700万発注してしまえ」と、僕の背中をどんどん押すんですよ(笑)。あと残ってるのは2000万ぐらいしかないんだけど。

白石:ヒリヒリしますね(笑)。

小林:即答出来ないでいたら、西田が「何とかなんねん。何とかなるって分かってたら、この足止めるわけにはいかんねん。一晩考えろ」と言うんですよね。ちょっと僕、関西弁下手ですけど(笑)。

一晩考える中で、発注して初めてそこで動くものがあるわけだし、神様も見てるよなあと思って、翌日の朝に「昨日はすいませんでした。やりましょう。」と。
西田も「大丈夫。全国行脚したら、絶対ほんまのエンジェルの方がおる。その人に会うまで、行脚続けよう」っていう話になった、その2週間後ですよ、Nさんにお会いしたのが。

白石:引きの力が凄まじいですね。

小林:それがどれだけ奇跡的なことなのか、ということが、本当に失礼な話ですが、その時には僕はまだ理解しきれていませんでした。
でも西田が、Nさんを乗せたタクシーをお見送りする時にタクシーが去った後も頭を下げたまま動きませんでした。
彼自身があれほどしびれている姿は正直初めて見たんです。これも衝撃でした。

「本当のエンジェルに出会える確率は万に一もない。
どうやって、いかに、いつ、その人に会えるか。実はそれが命運の分かれ目だ」
西田がそんなことを以前から言っていました。
彼は自身で創業上場の経験もしているので実体験として分かっていたんだなと。
あの光景は一生忘れることはありません。

程よく無知であるって大事。

白石:エンジェルというと最初から選択肢に入れない人もいますよね。

小林:そうですね。
だから「程よく無知」であるというのが(笑)。
さっきからちょっと格好良く言ってますけど、無知じゃなかったら、TIGもやろうなんて思わなかったし、エンジェルの方に真正面から純然と入って行けたのは、やっぱり「程よく無知」だったからかな。

白石:吉本興業さんとの経緯も教えて下さい。
2017年10月に提携のリリースを出されていますよね。

小林:それまで出資頂くことに対しては、無知なだけにちょっと斜めに見てしまうところがあって、インタープレートでは借り入れせずにやって来た。
他の人のお金を出資で入れる、ということで、変なプレッシャーになるんじゃないか、やりたいことがやれなくなっちゃうとかっていう一般的なネガティブなイメージしか無くて。
でも、吉本興業の大崎社長との出会いで見方が完全に変わりました。

僕らは法に則った第三次世界大戦をやっている。

白石:大崎社長とは、直接お話されたんですか?

小林:そうです。
僕らは上海でも拠点を構えてTIGのビジネスを始めているんですけどそのご縁で、ある方のご紹介でお会いすることになって。
2017年の8月ぐらいに、前のオフィスはボロボロの前の雑居ビルだったんですけど、本当にそこに行くからと。

どんな失礼があってもいけないので、1時間半前、たしか7時半にはみんなオフィスにいたんですよ。
僕も7時半にオフィスに入るときに、建物のそばに真黒いでっかいバンが止まっていてなんだか怪しい車が止まっているなとか思っていたんですけど(笑)。
少し早めに降りて大崎社長をお迎えしようと降りて行ったら、そのバンが動き出して、うちの目の前に着くんですよ(笑)。
大崎社長は、1時間半前以上前からうちの前にいて下さったんですよね。

物凄くフランクな方で「このオフィス、ええ感じにボロボロやなあ」って(笑)。
2時間半ぐらいお話させて頂いたんですけど、テレビやエンターテインメント、小売業とか教育とか、とにかく様々なことに対して日本の未来を憂いていらして。
「NetflixとかAmazonとかがどんどん拡大して、メディアの世界が食われるって言われてるけど、メディアだけでなく小売りやらなんやらどんどん浸食されていくからなぁ‥ボヤボヤしてたらあかん。」と。

白石:ある意味、世界戦争みたいなものですよね。

小林:戦争という言葉が適切か分かりませんが、その通りだと思います。
法に則った世界戦争ですよね。
そんな時大崎社長が「日本のコンテンツとかは面白いしどんどん海を越えるべきだけど言葉の壁があるからなぁ、でも、この技術だったら、言葉超えるなぁ。」
「触っただけで何かが知れる、できるって、言葉がいらないんや。」みたいな話になって。

もう本当に僕らと見てる世界が違う。
例えば日本のドラマやら何やら、素晴らしいものがたくさんある。
エンターテインメントだって、日本語が分からないから分からないけど伝わるものはある。
それを幅広く、じゃあ動画の中のこの世界、日本が持っている世界観とか、今まで培ってきたものを、ピッて触るだけで、その奥行きが知れるってなったら「これは早いうちに仕掛けなあかん。出資もさしてもろてええか。」みたいな話まで頂いて。
僕もほんとに・・。

白石:言葉が出ないですね。
続きは、3月30日(金)に公開予定です。

投稿者プロフィール

白石 華都
白石 華都
GOAL MAGAZINE/広報
東京生まれ、岡山育ち。2児の母。
GOAL MAGAZINE運営。広報・補助金などを担当している。