増資には2種類ある?有償増資と無償増資について

会社が資金を調達する場合、大きく以下の2つの方法があります。

  • 株式を発行することで資金を調達するエクイティ・ファイナンス
  • 金融機関や投資家からお金を借り入れることで資金を調達するデット・ファイナンス

エクイティ・ファイナンスとは企業のエクイティ(株主資本)の増加をもたらす資金調達をいいますが、具体的には、公募(時価発行増資)、 株主割り当て、第三者割当といった払込を伴う増資や、転換社債型新株予約権付社債(CB)等の新株予約権付社債の発行などを総称したものをいいます。

今回はいわゆる増資手続きについて、「有償増資」と「無償増資」についてみていきたいと思います。

「有償増資」と「無償増資」とは

そもそも増資の方法には、金銭の払込又は財産の提供(現物出資)が必要な「有償増資」と、資本準備金等を組み入れる「無償増資」、そして新株予約権の行使等による「新株発行」の3つがあります。

有償増資とは

「有償増資」とは、株主が現金を払い込んだり、現金以外の財産を出資する現物出資による増資のことです。

現金を払い込むものとして下記の方法があります。

  • 株主割当増資:既存の株主に対し出資を募る方法
  • 第三者割当増資:取引先、取引金融機関、自社の役員等に対し出資を募る方法
  • 公募増資:広く一般に株主を募集する新株式の発行形態で、時価を基準にした価格で新株式を発行する方法

一般的な増資はこれらの有償増資を指すことが多いと思います。

無償増資とは

利益剰余金や法定準備金の資本への組み入れを「無償増資」といいます。

  • 準備金の資本組入れ:資本準備金・利益準備金を資本金に組み入れる方法
  • 剰余金の資本組入れ:その他資本剰余金・その他利益剰余金を資本金に組み入れる方法

有償増資のように金銭や金銭以外の財産の払込はありませんが、利益剰余金などを資本金とすることによって、配当可能利益の社外流出を防止したり、法定準備金をより拘束性の高いものにできるという効果があります。

また、実務上は銀行への振込証明書を添付する必要がないので、手間も減らせるし実際にキャッシュを移動させる必要もないのが特徴です。

まとめ

増資でも会社の状況や戦略によって有償増資と無償増資を使い分ける必要がありますし、もっと広く、デット・ファイナンスとエクイティ・ファイナンスを含めた資本政策が会社の成長には必要不可欠だと考えています。

資金調達全般についてのご相談は起業家支援を得意とするGOALにお気軽にご相談下さい!

 

投稿者プロフィール

石下 貴大代表
1978年10月15日栃木県生まれ 

産業廃棄物やリサイクルなどの環境ビジネス支援や株式会社や一般社団法人などの起業支援に専門特化して10年目。
これまで6冊の出版に加え、日経新聞やフジテレビの情報番組などメディア露出も多数。

1児の父親でメロメロ中。趣味はサッカーとビール。
いつか息子とボールを蹴れることを夢見ています。