GOAL MAGAZINEをリニューアルしました!

コラム

2/7ページ

補助金の不正受給にならないために

このところ森友学園からはじまり、補助金や助成金について残念なニュースが目につきますが、また大きなニュースが取り上げられています。 経済産業省が管轄する新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の補助金約4億円を不正に受給したということで、株式会社PEZY Computingの齊藤元章社長ら2名を逮捕したというものです。 補助金・助成金の目的とは 補助金や助成金とは、返済不要のものとしては同じで […]

IT業界の契約書に激震!民法改正が及ぼす影響とは

去年の五月、120年ぶりに改正された法律があります。 それが民法。個人や企業との契約関係や、相続・離婚といった人々の暮らしに関する基本的なルールが書かれた法律です。 今回の改正では、特に債権法の部分、つまり契約に関する部分の改正が多かったのでIT業界、特にシステム開発の契約に影響を与えています。 契約に関する民法改正の概要 2017年5月26日に、民法(債権法)の改正法案が成立し、2020年4月1 […]

フジテレビ「新報道2001」の「はれのひ」に関する武田のインタビュー補足

昨日、私の「はれのひ」の財務に関するインタビューがフジテレビの「新報道2001」でOAされましたが、結果的に他の事件のスクープと重なってしまったため、一部分を編集・抜粋頂いてのOAとなりました。 今回のこちらのブログではOAでは言い切れなかったこと、言い足りなかったことを書いてみようと思います。

「はれのひ」事件がなぜ起きてしまったのかを財務の視点から考えてみる

2018年1月8日の成人式に前代未聞の事件が起きました。 着物着付けの専門店「はれのひ」が成人式本番で夜逃げ。着物難民が続出するという事態に。 一生に一度の晴れ舞台のはずが…。 被害に遭われた方には本当に気の毒な事件です。 「はれのひ」を運営する「はれのひ株式会社」は1月9日に全店舗を封鎖。 事実上の事業を停止しました。 報道によると直接の原因は資金繰りが悪化したことが原因とのことですが、1/10 […]

スタートアップの新たな必読書【0 to 100 会社を育てる戦略地図】

いつも優秀なスタートアップをご紹介いただいているプロトスター株式会社COOの山口さんの最新著作が秀逸なのでご紹介します。 [amazonjs asin=”4591156133″ locale=”JP” title=”0 to 100 会社を育てる戦略地図”] これは「起業のファイナンス」に続く新たなスタートアップの必読書です! […]

資金調達の成功事例!2.5億超調達のMiddleFieldから学ぶスタートアップの融資成功の秘訣とは?

弊社のお客様で大型の資金調達に成功したスタートアップの事例があります。 そのひとつ、最近2.5億を調達したMiddleFieldさんの事例を、関連記事を交えながらご紹介します。 MiddleFieldとは? MiddleFieldは、「車を最高のエンターテイメントに」をミッションに、カスタムパーツやチューニングカーに特化したカタログメディア「Garage」や、クルマ・バイクをもっと楽しくするメディ […]

資本金「1円」の社長が気づいた「債務超過」の重要性

簡単に作れる1円会社ですが、個人的には安く会社が作れること以外にはメリットは無いと思います。 1円会社に限らず、資本金が少なかったり、赤字を多く出してしまったことによる債務超過の銀行に与える影響も考えながら事業を大きくしていきたいですね。

エクイティ優先でも、スタートアップが融資"も"やるべき5つの理由

「VCからの出資など、エクイティファイナンスを第一に考えている」 あるいは、 「できるだけ自己資金と利益の再投資でまわしていきたいと考えている」という理由で、融資を先送りするスタートアップがいます。 結論から、誤解を恐れずに申し上げると、どんなスタートアップでも、すぐに融資にも取り組むべきです。 その理由は次の通りです。 1.融資は会社のコントロールを失わない 資本政策の話です。 出資を受ければ、 […]

アリババ融資は審査時間1分!?では、創業融資の審査期間は?

中国はアリババが事業者に対して融資を行っています。 その融資審査はわずか1分。 AIが融資判断をしてくれるとのこと。 鬼速ですね・・・ スマートフォンで資金使途などの入力にかかった時間は数分。ほぼ即時に回答があった融資の上限額は20万元(約340万円)だった。8万元を期間半年で借り入れたいと返信すると、電子決済サービス「アリペイ(支付宝)」の口座に数分で着金した。担保は不要で、利息は1日あたり0. […]

1 2 7