GOAL MAGAZINEをリニューアルしました!

資本金について正しく理解できている?初期設定や金額の考え方

資本金について正しく理解できている?初期設定や金額の考え方

会社を設立しようと思った場合、必ず「資本金」というワードが上がります。では、この「資本金」とは、どんな意味があるのでしょうか。また、資本金はいくらに設定すればいいのか、資本金の額によってどのような影響があるのでしょうか。

今回は、「資本金」についてご紹介します。

資本金とは

パソコン 女性

まず、資本金とはどんな意味をもつのでしょうか。

資本金とは、会社が事業をスタートしたときに事業主が準備した運転資金のことを指します。この額は会社によって異なり、資本金が1,000万円の会社もあれば、何億円という会社もあります。自己資本の額が大きいほど事業規模が大きいことが推測できます

一般的に、事業にそんなに設備が必要ないとされる会社(IT・コンサル等)の場合は資本金が低くても問題になりませんが、大規模な設備が必要な会社(製造業など)であれば必然的に資本金が低いと対外的に不安視されがちです。

このように、資本金は会社がどんな事業をするのかでも変わってくるため、資本金の額が大きいからといって、現在の業績とは直接関係はありません

貸借対照表上で見れば、資本金は「資産の部」から「負債の部」を控除することによって算出される「資本の部」の総額。原則的に誰かに返済する必要のない資金なので、資本金の金額が大きければ、それだけ会社に財務上の余力があるとも判断されます。


資本金はいくらに設定するべきなのか

電卓 計算

2006年に会社法が改正され、会社設立の際の資本金は1円以上であれば問われなくなりました。しかし、1円からでも会社設立はできると言っても、本当に資本金は1円でいいのでしょうか?

資本金は、言いかえれば会社の信用に関わるお金です。低く設定すれば、もちろん設立時の資金負担は減ります。しかし、低く設定することがいい訳ではないのです。資本金の額は、以下のような影響を及ぼすことになります。

資本金と資本準備金の違いとは

資本金と似たような言葉で「資本準備金」というものもあります。

資本準備金とは

「資本準備金」とは、資本金の1/2を超えない範囲の金額を「準備金」として積み立てておくことができるお金のことです。

全てを資本金として計上するのではなく、資本準備金として積み立てておけば、会社の業績が悪化した場合に利用できるのです。もし、会社の業績が悪化してしまった場合、資本準備金を取り崩すことで会社財産を維持できます。

もし、資本金だけしかなければ、業績が悪化した場合には資本金を減額する必要があります。しかし、資本金の減額をしてしまうと会社の信用力を落としてしまうことにも繋がるでしょう。

資本準備金として分けて積み立てておけば、業績が悪化した場合でも資本準備金を取り崩すことで、資本金を減額せずに済むため、こういった心配もありません。

また、資本金の一部を準備金とすることで、税金対策にも繋がります

お金じゃなくても資本金にできる?現物出資とは

オフィス パソコン

資本金にできるのは、現金だけではありません。物を出資することで、資本金を増やすことも可能です。ただし、実際に価値があるものでなければいけません

例えば、貸借対照表の資産の部に計上可能な自動車やパソコン、債権、営業権などが当てはまります。

現金のみではどうしても資本金が少なくなってしまうという場合には、現物出資も検討してみると良いでしょう。しかし、現物出資を行う場合でも、購入価額より値段を高く設定することはやめておきましょう。現物出資の価額の決め方は、会社法上では特に規定されていません。とはいえ、自分が買ったときより高い価額に設定するのはあまり望ましくないでしょう。また、会社法上だけでなく、税法上の観点から見てもオススメはできません。

資本金の初期設定は慎重に

会社を設立するにあたって、資本金をいくらに設定するのかは非常に重要な検討事項です。先々の経営や会社の信用度にも関わってくることなので、慎重に決定したい項目ですね。

自分の会社にとって、どの程度の資本金に設定するのが最適なのか、上記の項目を参考にしながら総合的な観点で判断してください。

CTA-IMAGE

シードのスタートアップ/ベンチャーの 創業融資を専門家がフルサポート。

融資についてのご相談はお問い合わせください。

コラムカテゴリの最新記事