できる起業家は使っている?今からでもChatWorkを導入すべき5つの理由

、使ってますか?

ChatWorkとは?

ChatWorkはより効率的にコミュニケーションが取れるグループチャットです。
サイバーエージェントやKDDIをはじめ、ここ数年でかなり導入している企業も増えている様子。
起業の支援をしている僕としても、できる起業家には使っている人が多いな、と感じます。
(使っていないできる起業家もいますが)

チャットワークは、業務の効率化と会社の成長を目的とした、メール・電話・会議に代わるコミュニケーションツールです。


複数人が参加するグループチャットでコミュニケーションができます。メッセージの返信・引用・編集・削除機能や、絵文字を活用して、素早く正確に情報共有をすることが可能です。
チャットワーク(ChatWork)ビジネスが加速するクラウド会議室「グループチャット」

ChatWorkを使うべき理由

メールをはじめ、FacebookメッセンジャーやSMS、LINE、Skype、WeChat、WhatsAppなど、様々なコミュニケーションツールがあります。行政書士法人GOALでは、お客様のご要望に応じて、コミュニケーションツールを使い分けていますが、社内コミュニケーションにはChatWorkを使っています。
様々なツールを使う中でもChatWorkが優れている点、使うべき理由は次の通りです。

投稿後も編集できる

FacebookメッセンジャーやLINEは一度投稿してしまうと後から編集できません。僕はFacebookメッセンジャーで文章を作成し、途中でうっかり送信してしまったことがあります。
その点、ChatWorkは投稿後も編集できますので安心です。

検索しやすい

検索の機能が充実しているので、過去のやり取りに簡単に立ち返ることができます。
過去のトークを延々と遡る、ということはありません。

「既読」の表示がない

LINEやFacebookメッセンジャーで怖いのが既読スルー・・・
その点、忙しいとき、既読スルーをしてしまう恐怖から解放されます。
未読に戻すこともできますので、後で読み直すことが可能です。

タスク管理ができる

タスク管理機能が充実しています。
投稿がそのままタスクに変換できますので、タスク漏れがありません。

投稿編集機能が充実

その他にも投稿を伝わりやすくするための機能が充実しています。たとえば、

引用ができる

前の投稿を引用して投稿することが出来ます。

タグが使える

タグを使って、重要な部分を四角で囲ったり、タイトルをつけたり、投稿に罫線を引いたりすることができます。

まとめ

他にもグループ機能が充実しています。
Chromeの拡張機能もリリースされています。

コミュニケーションの効率を改善したい方にはオススメです。

投稿者プロフィール

若林 哲平
若林 哲平
融資・補助金を軸としたスタートアップ支援を専門とする行政書士。認定支援機関として、日本政策金融公庫と連携し、多くの起業家の支援を行う。特にNPO法人職員の経歴を活かしたソーシャルビジネスの立ち上げと資金調達には定評がある。