都内の起業家・NPO法人に朗報?東京都がクラウドファンディング補助金を創設!

東京都内の起業家やソーシャルビジネス事業者に朗報です!

東京都クラウドファンディングを活用した資金調達支援

東京都がクラウドファンディングの利用手数料の半分を補助してくれる支援制度が2017年10月からスタートしました。

創業希望者等の資金ニーズに応えるクラウドファンディングの活用を促進することで、主婦や学生、シニアの方による創業や、ソーシャルビジネス等への挑戦を支援します。
東京都クラウドファンディングを活用した資金調達支援

内容としてはまさに補助金なので、「東京都クラウドファンディング補助金」と勝手に呼ぶことにします。

支援の概要

支援スキーム

大まかなスキームは下記の通りです。
事業者がクラウドファンディング事業者(たとえばReady forなど。以下、「CF事業者」)に支払うクラウドファンディングの利用手数料の半分を補助してくれる、というもの。

東京都クラウドファンディングを活用した資金調達支援_支援スキーム

補助対象者

補助の対象となるのは、東京都内に主たる事業所を置く創業希望者又は中小企業者です。クラウドファンディングが成功した場合に、補助の対象となります。

事務局に確認したところ、CF事業者に申し込む際に、東京都の補助金を使いたい旨を宣言し、補助金の対象となるかどうか、CF事業者が審査するとのこと。別途東京都への申請は不要とのこと。

創業サポート事業との親和性

先行している東京都独自の融資制度、女性・若者・シニア創業サポート事業と要件も似ています。
クラウドファンディングを先行させて、成功しているとなると自己資金やマーケットの賛同、販売予約等が得られている評価になり、融資も前向きに進むことと思いますので、融資と組み合わせてトライしてみるといいと思います。

まとめ

金額は大きくありませんが、これはいい補助金ですね。
都内に事務所を置く、起業家やNPO法人、一般社団法人等の方で、クラウドファンディングを検討されている方、資金調達をしたい方、マーケットの反応を見たい方などは、この補助金を使って、クラウドファンディングにトライされてはいかがでしょうか?

投稿者プロフィール

若林 哲平
若林 哲平
融資・補助金を軸としたスタートアップ支援を専門とする行政書士。認定支援機関として、日本政策金融公庫と連携し、多くの起業家の支援を行う。特にNPO法人職員の経歴を活かしたソーシャルビジネスの立ち上げと資金調達には定評がある。