資本金「1円」の社長が気づいた「債務超過」の重要性

先日、1円の資本金で会社を設立されたお客様(以下、Aさん)の融資のご相談を受けました。
とある税理士さんに勧められ1円の資本金で会社を設立したということ。
その税理士さんに融資の相談をしたそうなのですが融資の知識が無く、回答を得られなかったため私にご相談を頂いたのでした。

1期を迎えられましたが、1年目の損益がほんの少しの赤字。
赤字の事情を聞くと、少しでも税金を減らそうと、あえて赤字にしたということでした。

さて、これから融資を受けたいというAさん。
1円会社でもあるため、困ったことがおきました。

1円会社とは

まず1円でも会社が作れるのか?

会社を作るには相当なお金が必要なイメージがありますが、実は会社法が2006年に改正され、かつて有限会社は300万円、株式会社は1,000万円の資本金が無いと作れなかった株式会社が、1円からでも作れるようになりました。
誰でも簡単に起業できるとあって当時は株式会社設立ブームが起きたようです。

1円の資本金のメリットとデメリット

初期費用抑えて会社が作れる

資本金を1円にするメリットはいわずもがな、お金が無くても、誰でも簡単に株式会社を設立することができることです。
しかし、メリットはハッキリ言ってそれだけ、です。

ではデメリットはいったい何があるでしょう?

取引先の信用性が低い

資本金は文字通り会社の資本を占めるものです。
1億円の資本金の会社と、1円の会社では、どちらが取引をする上で信用できそうでしょうか?
これは答えるまでも無いと思います。

資本金の金額は、誰でも法務局で取得できる会社の登記簿謄本に記載される内容です。
新たに取引を開始する会社は、大きな企業になればなるほど登記簿を取得したりして、どのような会社感の与信を確認します。取引先が気にするのは、取引先が支払いを残して潰れてしまわないかどうかです。

資本金の金額は対外信用性に直結するのですね。

債務超過が起きやすい

これが一番のデメリットです。
債務超過とは、こちらのリンクに詳しいので詳細はご参照頂きたいのですが、簡単に言うと「負債が資産を上回っている状態」です。

決算書には貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)があり、一目見れば会社がどのような状況なのかが分かるようになっています。いわゆる会社の成績表です。

損益計算書(PL)で出てきた今年の結果は、貸借対照表(BS)の純資産の部に反映する仕組みになっています。PLで利益が出ていれば、純資産が増えていきますが、赤字であれば資本金を食って、目減りしていきます。

Aさんはまさに、少しの赤字が資本金を減らしている状況になっています。
1円の資本金を減らしていくのですから、少しの赤字でもすぐにマイナス()となってしまうのです。

決算書の仕組みについて詳しく知りたい方はこちらの記事を御覧ください。

5分で分かる!決算書の貸借対照表と損益計算書の関係性 – GOAL MAGAZINE

債務超過に対する銀行の評価はいかに?

この債務超過を気にするのは取引先、というよりも銀行です。
銀行は取引企業の格付け(スコアリング)を行っています。
格付けが低いと、銀行は貸し倒れ引当金を計上しなければならないこともあり、つまり融資をするだけでも負担になるのです。

もちろん創業1期目は、ほとんどの会社が赤字になると言われています。
1円の資本金でなくとも赤字の額によって債務超過にもなることも多々あります。

その辺りは銀行も承知していますので、1年目の債務超過が与える影響は2期、3期を迎えている会社に比べれば少ないと言えますが、銀行の担当者の心象的にも融資のし易いのは圧倒的に「黒字」であり、「資産超過」の企業です。

ではどうすれば良い?

1円会社のデメリットをお伝えしましたが、ではAさんが融資を受けやすい会社にしていくためにはどうすべきなのでしょうか?
一つはやはり来季は頑張って黒字を出し、債務超過から脱却し、資産超過の状態に持っていくことが最善です。
もう一つは、将来的に赤字が膨らみそうな状況であれば、出資を受けるか増資をするなどして資本金を増強することも選択肢になるのではないでしょうか。

まとめ

簡単に作れる1円会社ですが、個人的には安く会社が作れること以外にはメリットは無いと思います。
1円会社に限らず、資本金が少なかったり、赤字を多く出してしまったことによる債務超過の銀行に与える影響も考えながら事業を大きくしていきたいですね。

弊社では、専門家による会社設立の手続きや融資のサポートを行っています。
前述の通り、債務超過だから融資は受けられないというわけではありませんので、一度ご相談にいらしてください。

投稿者プロフィール

武田 信幸
武田 信幸
1981年生まれ。千葉県出身。
スタートアップ期の銀行融資や補助金等、資金調達の専門家。
行政書士の傍らインストロックバンド「LITE」のギタリストとしても活動している。行政書士業と共に年2,3回の海外ツアーをこなす「行政書士×ミュージシャン」のパラレルワーカー。
No tags for this post.