家族の外食!コスパ重視なら丸亀製麺の「家族うどん」がオススメ

「あなたのことはそれほど」

とか、

「うちの夫は仕事ができない」

とか、最近ドラマのタイトルだけで自分のことかとビクッとしてしまう弱気な37歳4児の父、若林@共同代表です。

さて、先日家族で横浜みなとみらいのアンパンマンミュージアムに行ってきました。
1歳8ヶ月になる末っ子の喜ぶ顔が見たくて、家族満場一致で決まりました。

末っ子も大興奮。おみやげも買って帰る頃にはそこそこにいい時間。
私が住んでいる立川から横浜まで片道1.5時間程度。
アンパンマンミュージアムのピークを避けて臨んだため、帰る頃には夕飯時。
子どもを連れて歩いてちょっと疲れて、夕飯を作るのが正直めんどくさい・・・?

ダメ親!

※普段はちゃんとやってます。

丸亀製麺

そんなとき、我が家はだいたい「丸亀製麺」。

丸亀製麺(まるがめせいめん)は、株式会社トリドールが運営するうどん専門店。讃岐うどん風のイメージを演出してるだけで香川県とは直接関係はない。釜揚げうどん等を低価格にてショッピングモールのフードコートや郊外型のロードサイド店舗などの店内で製造・調理・商品提供する直営多店舗展開を行っている。
丸亀製麺 -Wikipedia

だいたいお出かけのときは、出先でこってりな食事やおやつを食べていることが多く、夜はサラッと済ませたい、というニーズがあり、また、家から10分弱にあるので、ほぼ自動的に丸亀製麺になります。

家族うどん

そして、6人家族の我が家の定番になりつつあるのが、「家族うどん」。
290円の釜揚げうどんの並6人前が特大の桶に。

熱々の釜揚げうどんを皆で黙々と頬張ると、まるでお鍋や焼肉のようなグルーブ感が生まれます。
しかも、お値段290円×6=1,740円のところが、1,260円。480円もお得!!

お子さんが食べ盛りだったり、がっつり複数人で、みたいな場面でオススメです!

投稿者プロフィール

若林 哲平
若林 哲平

融資・補助金を軸としたスタートアップ支援を専門とする行政書士。認定支援機関として、日本政策金融公庫と連携し、多くの起業家の支援を行う。特にNPO法人職員の経歴を活かしたソーシャルビジネスの立ち上げと資金調達には定評がある。