【勝手にキャンプ報告】ライジングフィールド白馬

スキあらば土日にキャンプに出かける4児の父、若林です。

長野県の青木湖のほとりにあるキャンプ場、ライジングフィールド白馬でキャンプしてきたので勝手に報告です。

ライジングフィールド白馬

ライジングフィールドは軽井沢にもあり、一度軽井沢の方は行ったことがあります。
軽井沢のときも雨だったのですが・・・奇しくも白馬でも雨。
でもロケーションは最高でした。

日本でBEST10に入る透明度を誇る湖沿いに位置する。
キャンプだけでなく、ホテル施設も有しており、 3世代キャンプも楽しめる。
夏には、SUP等、湖を活用したウォーター系アクティビティ、
冬には、 近接する白馬の各スキー場でのスポーツやアクティビティを楽しめる場所。
株式会社ライジングフィールド

時間の都合で出来ませんでしたがSUPはかなり楽しそう。
ライジングフィールド白馬はオープンして間もないですが、アクティビティも充実していて、ロケーションもよく、非常に魅力的なキャンプ場になりそうです。

まさにファミリーキャンプ

今回は嫁さんの方の両親・親戚とのキャンプ。
みんなで湖畔でBBQして、男性陣はテントで夜を明かし、女性陣は併設のホテルで休む、という楽しみ方。この楽しみ方は意外だったというか、たとえば虫が嫌いでテントに抵抗がある方やキャンプが初めてでハードルを下げたい方と一緒にアウトドアを楽しむ方法としてはとてもいいなと感じました。
この楽しみ方が出来るのもライジングフィールドの魅力のひとつですね。

BBQ

なんといってもメインはこの串焼き。
料理教室を開くほどの腕前のお義母さんのプロデュースで、我が家史上最高のBBQ。

子どもたちとセミの脱皮の瞬間を目撃したりして。

ハンモックも楽しんで。

男同士の語り合い

何よりよかったのが普段ゆっくり話が出来ないお義父さんと焚き火を囲みながら酒を飲み、孫のこと、嫁さんの小さい頃の話、仕事の話、お義父さんの歴史、いい話がたくさんできました。
夫婦で仕事と子育てとの両立をがんばっていることをとても評価してくれて、本当に嬉しかったです。

焚き火を囲むと心がほぐれて、リラックスして語り合える。
これもキャンプの醍醐味ですね。

ビジネスでのキャンプ活用もいいかもしれません。

投稿者プロフィール

若林 哲平
若林 哲平
融資・補助金を軸としたスタートアップ支援を専門とする行政書士。認定支援機関として、日本政策金融公庫と連携し、多くの起業家の支援を行う。特にNPO法人職員の経歴を活かしたソーシャルビジネスの立ち上げと資金調達には定評がある。