GOAL MAGAZINEについて

GOAL MAGAZINEにお越し頂きありがとうございます。
行政書士法人GOALの共同代表、若林です。

GOAL MAGAZINEは、行政書士法人GOALが運営するオウンドメディアです。
行政書士法人GOALは東京に拠点を置く総勢10名程の小さな組織。

そんな行政書士法人がなぜオウンドメディアをやるのか?

専門家による正しい情報を

私たちは、起業家の融資や補助金、法人設立、各種許認可手続きをサポートする専門家集団です。一方で、私たち自身、2014年に設立したスタートアップでもあります。

自社の起業を経験する中で、お客様の起業をサポートする中で、有意義な制度や情報を「知っているか?知らないか?」が、その後の事業経営を大きく左右するということを痛切に感じてきました。融資や補助金、法律や規制、経営のノウハウやヒントなど、信頼できる情報を適切に収集することによって、余計な回り道をせず、よりよいプロセスで事業を前に進めることができるということもわかってきました。

しかし、一方で、2016年に一部のキュレーションサイトの不正確な記事と不適切な運営が問題になったように、必要かつ正しい情報のみに出会うということはなかなかに難しいのが現状です。

そこで、私たちは、年間150件を超える法人設立や100件を超える資金調達サポートで培った起業支援の経験とノウハウを活かし、起業家にとって必要かつ正しい情報と起業ナレッジを、行政書士自身の手で発信していくことを決意しました。

顔の見える存在であるために

士業が「先生」と呼ばれ、敷居が高かった時代は終わりつつあります。とはいえ、行政書士という仕事はいまだに「聞いたことはあるけど実際何する人かよくわからない」存在かもしれません。

行政書士は、簡単にいうと、書類作成と手続きのスペシャリストです。目的達成までのプロセスを最適化し、お客様に必要かつ的確な情報を提供し、負担を引き受け、お客様にしかできないタスクに注力する時間と安心を提供する仕事です。

かつては代書屋とも呼ばれていました。単なる書類作成・手続きの代行(代書)では、AIに取って代わられる職業だと言われています。

だからこそ行政書士法人GOALでは、AIが届かない、より「顔」が見えるサービスを大切にしております。このGOAL MAGAZINEを通じて、行政書士法人GOALの「顔」が見えるようにします。どれも大した顔ではありませんが、相談しやすい身近な存在として感じて頂ければ嬉しいです。

行政書士法人GOALのオウンドメディア、GOAL MAGAZINEをどうぞよろしくお願いいたします。